カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

交通事故のむちうち慰謝料の相場について

交通事故で追突されたりすると、むちうちになることがあり、交通事故でする怪我の中でも、むちうちがよくある怪我になります。むちうちは、軽症なイメージがありますが、症状が軽いものから重いものもあり、ひどいと後遺症が残ったりします。

そんなむちうち慰謝料は、保険会社が妥当だと認めた金額になります。なので、むちうち慰謝料の相場といっても、その肉体的なダメージの度合いや精神的苦痛によって違ってくるため、一概にいくらという金額はなく、人それぞれの金額になります。また、自賠責保険や任意保険、裁判所基準の慰謝料によっても金額に違いがあります。

むちうち慰謝料の相場を知ってきちんと慰謝料請求しよう

むちうち慰謝料の相場を知って、それと同様の金額をもらいたいという人は非常に多いですが、むちうちは怪我の症状にかなり差があり、どの程度の治療を受けたのか、治療期間があったのか、また、入院が必要だったのか、もしくは後遺障害が残ってしまって、後遺症の慰謝料が発生するのかによってだいぶ異なってきます。

また慰謝料は被害者が受け取ることのできる正当な権利ではありますが、感情的になって、すぐに「交通事故の被害者になった→慰謝料請求をしようと」という敵対心むき出しで、加害者や、保険会社に慰謝料の請求をするのはおすすめできません。

等級や基準がきめてのむちうち慰謝料相場

むちうち慰謝料の相場は、その後遺症の度合いによる等級や基準で大きくかわるものです。むちうちは外傷をおなわないケースが多く、目に見えない症状ともいわれるため、後遺障害認定をうけること事態むずかしい症状といわれています。

認定されても一番軽い後遺症である14等級になるケースが多いとされています。特に弁護士をつけずに相手の保険会社に任せた場合、自賠責保険基準が適用されることになります。これに対し弁護士をつけた場合、裁判基準が適用されることになり、およそ3.5倍の開きがあるといいます。また次の等級である12等級ではさらに大きな違いがでてくるのです。

弁護士依頼で勝ち取るむちうち慰謝料相場

車が衝突する衝撃で、首が前後左右に振られることで生じるむちうちは、交通事故の典型的な症状です。首に違和感を抱いたり、腕や指先にしびれを生じることもあります。またもっと重症化したもので様々な症状をともなうこともあります。

むちうち慰謝料に大きな差が出るのは、症状の度合いに応じた後遺障害等級や、自賠責基準か弁護士基準かによってきまります。弁護士を立てた場合の弁護士基準の相場は、保険会社の自賠責基準よりはるかに高いものです。そのため入院や後遺症が残る程の大きな交通事故である場合は、弁護士を立てることをおすすめします。

むちうち慰謝料の相場について

交通事故に遭ってしまった場合に、むちうちの被害が多いことを知っていますか?むちうちは一見軽い症状に見られてしまいがちですが、場合によっては後遺症が残ってしまう程の深刻な症状でもあります。

むちうち慰謝料の相場の内訳については、むちうちの治療費の他にも通院費や入院の雑費、休業損害などがかかってきます。後遺症がある場合には後遺障害慰謝料や、後遺障害逸失利益がかかってきますので、場合によっては慰謝料の金額が大きいケースもあるでしょう。相場はむちうちの症状によって、大きく変わっていくことがあげられるでしょう。

むちうち慰謝料における相場

交通事故でむちうちになってしまった場合に、注意をすべき点はその慰謝料の相場になります。慰謝料の金額は怪我の症状で大きく変わる事は、だれもが予想していることだと思います。その他にも治療にかかる期間や通院の実日数などで計算が行われます。

大きな違いとしては計算される基準となり、弁護士基準で計算されるのか任意保険や自賠責保険での基準なのかで大きく異なるケースが多々あります。この基準については、支払う側の加害者が定めてくることとなります。むちうち慰謝料一つとっても、支払われる金額は大きく違いますので、注意して対応することが必要とされるでしょう。

交通事故相談に関する記事