カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

相続手続きを弁護士に依頼する時期

遺言書がある場合でも、親族以外の第3者に相続のすべてを譲るなどの内容であった場合には、親族は遺留分を求める遺留分減殺請求を申請しなければ法で認められていても相続する事が出来ません。遺言書がない場合で相続人が複数いれば遺産分割協議を開かなければなりません。

相続は一生の間に何度もあるわけではありませんが手続きが面倒である事は確かです。被相続人が亡くなって被相続人の父母はもちろん、配偶者も先になくなっており、相続人は子供が一人だけなどというケースは多くありません。相続手続きは相続が発生したら早めに弁護士に依頼するのがおすすめです。

素人の手に負えない相続手続きは弁護士に相談して解決

誰もが自分の死に備えられる訳ではありません。予期せぬ人の死は、様々な問題を発生させます。例えば、故人の家庭事情が複雑であった場合、相続人が行方不明で手続きが行えない、というケースも存在します。

このような素人の手に負えない相続手続きでも、法律の専門家である弁護士に依頼すれば、豊富な知識と卓越した調査能力を活かし、見事に解決してくれるでしょう。その他にも、故人の隠し財産の存在や、同居人による財産の使い込みなど、素人が気付けないような問題も、専門家ならではの徹底調査で発見してくれます。通常の相続手続きにおいても、弁護士に相談することをお勧めします。

相続手続きに適した弁護士

弁護士にも得意分野があります。借金問題、交通事故の示談問題、遺産問題などです。事務所によっては力を入れている分野ではチームを組んで集団で仕事をする事があります。相続手続きを依頼するのなら相続に関する問題に経験豊富な弁護士を選ぶ事がおすすめです。

相続の手続きは人生に何度もある事ではないために面倒に感じることが多いです。遺言書の遺産分配に不満がある場合に遺留分減殺請求を申請したり、マイナスの遺産が多い場合に限定相続や相続放棄を申し出たり、集める書類も多く困難です。遺産分配で相続人同士の人間関係を壊す事も多いです。

相続手続きで弁護士に相談する適切なタイミングは?

相続問題により人間関係が崩壊してしまう事例は珍しくありません。しかもこれは、全くの他人同士ではなく、親族間の人間関係ですので、後の人生に長々と悪影響を残す結果となります。このような結末を回避するためにも、弁護士に相談して適切な相続手続きを行う必要があります。

では、弁護士に相談するタイミングはいつでしょうか?相続関連で意見の違いが発覚した時に、すぐ相談するのが良いです。一度感情的な対立が発生すると、遺産の内容に関係なく、人間関係の崩壊は歯止めが効かなくなります。関係者の冷静さを保つためには、法律的見地からの的確な意見が必要なのです。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続きの相談は

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続き・遺言書作成に関する記事