カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

交通事故の相談は弁護士TOP > むちうち慰謝料相場 > むちうち慰謝料も相場次第で影響が出る

むちうち慰謝料も相場次第で影響が出る

むちうちだって治療費が必要となっていますし、意外とトラブルが起こりやすいとされていることですから、しっかりと考えて行動したいものです。むちうち慰謝料を支払ってもらうのは当然となっていますので、支払いの状況によって変わっていく部分もしっかりと考えてください。

相場が大体決められていて、ある程度相場を見て判断していく部分が多くなっています。気になる金額よりも、支払っていく状況なども考えていくのが大事になります。むちうち慰謝料は、意外と高くなる傾向もありますが、高くなっているからと言っても問題があるわけではありません。

むちうち慰謝料の相場の詳細

交通事故になってしまった際に、どのような被害になってしまうか予測できない事態でしょう。怪我の被害においてはむちうちが多いようです。むちうちと聞くと軽傷にも思えてしいますが、症状によっては後遺症になってしまう深刻な怪我です。

このむちうち慰謝料の相場の詳細を知ることについては、容易なことではありません。何故ならば、交通事故に関して知らないからです。交通事故に関してはさまざまな基準や、知識などが必要となりますので、相場を調べにくいことがあげられます。交通事故を熟知している弁護士に依頼することでより良いサポートを受けられますので、そのような形にすることをおすすめします。

むちうち慰謝料の相場の平均

交通事故などでむちうちになってしまった場合、むちうち慰謝料はどの程度の金額となるのでしょうか。むちうちの治療のための慰謝料は治療期間によって相場が決まっています。通院期間が長いほど慰謝料が増えていきます。

なので、遠慮して痛みが治らないうちに通院をやめてしまうのは慰謝料が減ってしまうので注意が必要です。一ヶ月の通院慰謝料は19万円程度です。しかし、被害者本人だけで慰謝料を交渉すると任意保険基準という相場よりも安い慰謝料しかもらえないのでなるべく弁護士を通して交渉すると良いです。また、後遺症が認められると後遺障害慰謝料がもらえるので注意しましょう。

交通事故によるむちうち慰謝料の相場を出すための基準

交通事故の怪我でむちうちになった場合には、加害者に慰謝料を請求することができます。むちうちになった際に請求できるお金の内訳は治療費や通院費、休業損害といったものが一般的です。状況によっては後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益などもあります。

では、実際の金額についてはダメージの大きさもありますが、むちうち慰謝料には基準となるものがあります。基準となるのは自賠責基準と任意保険基準、裁判所基準となっています。仮に自賠責基準の慰謝料ですと、通院日数かける2または治療期間のどちらが少ない方に4200円をかけることで相場の金額を出せます。

むちうち慰謝料を算出してみる

交通事故で追突された際、一番多い怪我はむちうちです。追突されたときの首への衝撃で、頚椎の捻挫、頚椎挫傷、痛みが慢性的に残る外傷性頚部症候群をむちうちと呼びます。

むちうちの治療は長引区ことが多く、むちうち慰謝料の相場としては通院期間にもよりますが数十万円にもなり、この相場は自動車を乗るときに必ず加入する自賠責保険の基準金額を参考にして算出されています。しかし、後遺症が強く残り、障害認定がされた場合は、数百万以上多く支払われることが多いです。事故前の生活に戻れなくなってしまった場合でも、お互い前向きに過ごせるようにむちうち慰謝料はしっかりもらって治療をしていくのが大切です。

むちうち慰謝料相場は引き上げる事ができる

むちうち慰謝料相場は正しい行動を取る事によって、簡単に引き上げる事が出来ます。交通事故に遭遇した場合には、保険会社がすぐに示談交渉を行ってきて、解決させようとしてきますが、言われた通りにサインをしてしまうとしっかりと治療を受けることが出来ない場合があります。

そのような場合には、交通事故弁護士に相談をして、提示されている金額が正しいかチェックをしてもらってください。金額が低い場合には、交通事故弁護士が代理人となり、保険会社と交渉を行ってくれます。弁護士が交渉を行うことで、むちうち慰謝料相場は簡単に引き上げられます。

交通事故相談に関する記事

メニュー

交通事故の相談は弁護士へTOP 交通事故 交通事故弁護士 交通事故弁護士千葉 交通事故慰謝料 交通事故相談 むちうち慰謝料相場 過払い請求 過払い大阪 自己破産 弁護士 相続 遺言書作成 相続手続き