諦めたくない交通事故相談

きっと交通事故相談をしたいけれど難しいと思っている人の多くは相談料が高いので戸惑っているという事もあるのではないかと思います。それでも、可能であれば交通事故相談を諦めてしまいたくはないですね。

交通事故相談については、まずいきなり法律事務所と呼ばれる所に行くのではなく、まずは公的機関で交通事故相談ができる所を探して、話を持ち掛けてみるのもいいかと思います。

交通事故相談の費用を立て替えてくれるなどして、相談を諦めなくても、何とかなるかもしれませんね。最初は難しいと思っていた人でも、最終的に好ましい結果となる事がいいですね。相談ができれば、そこからいい結果につながるかもしれませんね。

過失割合の交通事故相談は弁護士に

交通事故でよく問題になるのが過失割合です。交通事故の当事者にどれくらい過失があったかを決めるもので、この割合によって損害賠償額が減額されることがあります。過失割合の確定については事故によってケースバイケースで、だいたい保険会社の代理人が当事者に代わって話し合って決まります。

もし不服があるなら、弁護士に交通事故相談をして訴訟を起し、最終的には裁判所で決定してもらうことになります。交通事故案件に詳しい弁護士は、過去の判例などから過失の割合がどれくらいになるか、交通事故相談を受けた時点でだいたいすぐ見当がつきます。

保険の特約を利用して交通事故相談

自分の費用で交通事故相談をする事は難しそうだという場合でも、保険の特約を利用すると気軽に交通事故相談ができる事もあります。交通事故相談はほとんどの場合必要ないのですが、いざとなれば本当に利用したいと強く思う事もあるでしょう。

交通事故相談の特約を利用したい場合には、特約付きであるかどうかを確認しましょう。そして、特約付きではない場合には、加入する保険を再検討する事もできます。保険の特約を利用して交通事故相談をしたいと考える人は多い様で、家族と話をしておくといいでしょう。また、一定の間隔で保険の見直しをするのもいいでしょう。自分達の事ですので、対策をしておく事も大事でしょう。

加害者が行う交通事故相談

被害者だけではなくて、時には加害者が交通事故相談を受ける事を希望する事もあります。弁護士事務所によっては被害者からの交通事故相談のみ受け付けている事もあれば、加害者からの交通事故相談を得意としている事もあります。

普段から気を付けている人で、決して意図的ではなくても、車を運転すると加害者となってしまう事もあります。加害者も大きなショックを受ける事が多く、交通事故相談を必要としている人が多い様です。

また、実際には加害者も時として不利な立場に立たされてしまうという事もあります。今後の事を考えると心配だという場合には、交通事故相談を受ける事によって、きっと問題が改善する事でしょう。

家族が代わりに交通事故相談

被害者の怪我が深刻な場合には、とても自分で交通事故相談ができる状態ではない事もあります。もちろん、できるなら自分で交通事故相談を受けるに越した事はありませんが、中にはどうしてもできないケースもあります。

そんな時には、家族が代わりに交通事故相談ができる事もあります。本人が動けないからという理由で交通事故相談をすぐに断念する必要はありません。家族が交通事故相談を受ける事によって、本人が回復を目指すと同時に解決をする事ができます。加害者の言い分が通りそうだという場合には、不利となってしまう事もありますので、その場合にはできるだけアクションを起こす様に心掛けるといいでしょう。

被害者の立場に立つ交通事故相談窓口へ

交通事故被害にあった場合の賠償金など、相談窓口としてどこへ相談すべきでしょうか。相手の保健会社が提示している示談金に納得できないとか、このまま示談に応じるべきか、人それぞれ不満や不安を抱えるものです。

交通事故相談は、交通事故を得意としている弁護士事務所に相談するのが賢明です。中には保険会社に相談する方もいるようですが、保険会社は営利を追求していますから、裁判基準となる相場について具体的にアドバイスはしないでしょう。被害者の立場に立つことができる専門の弁護士であれば、状況に応じて裁判基準で争い、初めて増額が見込めるものです。

交通事故相談に関する記事