長い様で短い過払い請求の時効

10年というのは過払い請求の時効でありますが、これは長い様で短く感じる事もあると思います。まだ過払い請求の時効まで時間があるからまた今後と言っている間に、過払い請求の時効は迫ってきます。ですので、過払い請求は時効まで時間があるかないかという事に関係なく、気が付いた時に忘れない様に手続きを開始するのもいいと思います。

債務整理を行う人は、そのタイミングで過払い請求を行いますので、時効についてはあまり考える必要はないかもしれませんが、完済後に行う場合にはタイミングについて考える必要がありそうです。

うっかり忘れてしまっている間に、こんなに時間が過ぎていたなんて、という事もあるかもしれません。

過去の過払いした情報を開示して欲しい

過払い請求を行う前に、あらかじめ自分がいくら程度過払いしていたのかを計算したい場合、取引履歴を見ることになります。しかしすでに過去の借金履歴を処分している場合も多く、そういった時には貸金業者に開示請求をすることでこれまでの履歴を取り寄せることが可能となります。

過払い請求がまだ浸透していない当時は断られてしまうケースもあったのですが、現在は個人情報保護法の規定や金融庁のガイドラインによって確実に取り寄せることができるのです。

また法律相談所では過払いが可能かどうか、いくらになるのかを無料で計算してくれる場合もあり、加えて開示請求も代行してくれますので、業者に連絡するのに抵抗がある方にはおすすめの方法です。

司法書士に過払いを相談する弊害

どんな事が司法書士に過払いを相談する弊害として考えられるかと言えば、やはり金融機関との関係が悪化してしまうという事が考えられます。司法書士に過払いを相談すると利用者にとっては、お金が戻って来るチャンスとなりますが、金融機関にとってはお金が出ていってしまう事になるので好ましいとは思っていない場合が多い様です。

ですので、司法書士に過払いを相談するなら、返済など取引がすべて終了してから行う人もいる様です。また、また、司法書士を通して過払い請求を行った金融機関については、再度利用するという事ができなくなってしまう可能性が高いと考えられますので、利用予定がない場合に司法書士に相談して、過払いの手続きを行うといいでしょう。

完済していないと過払い金の請求はできないの?債務整理の疑問

債務整理の一種である過払い金の請求は、完済していなくても手続きをすることが可能です。請求をする貸金業者にまだ債務が残っている場合は、過払い金の請求をすることで大幅な借金の減額につなげることができます。

長期にわたって貸金業者と取引をしていた場合、借金によるマイナスがプラスに転じてちょっとした臨時収入に変わることもあります。過払い金の請求には時効がありますので早めに手続きをすることが大切です。最後の取引日から10年が経過してしまうと手続きをすることが不可能になってしまいますので、余裕を持って行いましょう。

司法書士の方が過払いの報酬が安いかも

過払いの報酬は、過払い金として回収した金額を元にして、割合での支払いになります。司法書士と弁護士では、この報酬割合が異なっていて、弁護士の方が高い数字を付ける傾向があります。安い金額で受けてもらいたいと思っているなら、司法書士にお願いするといいです。

大阪でも多くの事務所がありますので、探してみると報酬が少し安くなっていることもあります。着手金だけなら無料で、回収できない場合はお金を取らないところもあります。とにかく自分が支払う金額の負担を減らして、回収できる金額を多くしていくことが大切になります。

多重債務と過払い金の関係性

多重債務をかかえている人の多くが、今借りているところに返済できないため、新たに返済するために借入するというパターンです。そのため、「貸してくれるのであれば闇金でなければどこでもいい」という考えになってしまい、利率などをよく見ずに借りてしまう人が多いです。

そのため、本来お金を貸す側にも利率はここまでですよという決まりがあるのですが、それを無視している業者から借りてしてしまい、気が付かないうちに過払い金が発生しているのです。なかなか返済している時には気が付かないのですが、返済してからある程度たっている人で思い当たるところがあるのであれば確認してみることをお勧めします。

過払い・債務整理に関する記事