過払い請求の金額を明確にする

さて、早速過払い請求を行うという時にまず必要になってくるのが取引履歴です。取引履歴には借り入れの金額など借金に関する事が詳しく書かれています。

この取引履歴は金融機関に問い合わせて書類として送付してもらうのが一般的の様です。取引履歴は過払い請求の金額を明確にするために必要になります。これがないと計算する事はできないでしょう。

しかし、金融機関の中には借金したすべての金額が記載されているのではなくて、一部の金額しか記載していない事もあります。そうする事で金融機関が支払う過払い金を少しでも安くしようとする狙いがある様です。

ですので、書類が送られてきたら、すべての借金の金額が記載されているかどうか、という事をまず確認する様にする事をおすすめします。

過払い金を請求したらブラックリスト入り?

ブラックリストとは支払いを延滞していたり過払い請求や債務整理を行ったことで「金融事故を起こした」ということが個人信用情報機関に登録されてしまうことを言います。返還請求を行った場合に返済中の借金よりも過払いした利息の方が多ければ、全額借金の返済が出来てしまうので個人信用情報に記載されることもなく今まで通りクレジットカードなども利用できます。

しかし返済中の借金の総額よりも過払いした利息の方が少なければ残債は債務整理を行った、というのと同じ状態になってしまいますので、ブラックリストとなってしまいクレジットカードなどが利用できなくなってしまいます。

過払いを司法書士に相談するデメリット

やはり過払いを司法書士に相談するとメリットがデメリットを大幅に上回る事が多い様ですが、時にはデメリットが発生するという事も考えられます。過払いを司法書士に相談するデメリットとしては、手間がかかる事が考えられます。

過払いに強い司法書士を見つけて相談をしないといけません。また、過払いを司法書士に相談すると、戻って来た費用から定められた費用を支払う必要があるという事も考えられます。

他には、過払いを司法書士に相談するデメリットとして、ブラックリストに掲載されるのではという人もいる様ですが、本来支払う必要がない費用を取り戻す手続きとなるので、ブラックリストには掲載されない様です。

借金相談と貸金業者と過払い金

日本では、子供の世界まで親の経済的な格差の影響が出ており、社会問題になっています。 経済的にぎりぎりの生活をしている場合、緊急の出費や生活費のためにカードを使う人も少なくありません。 利息が高いと、毎月の返済が大変になり、借金が膨れ上がってしまう人もいます。

クレジットカードを何枚も持っていて、自転車操業状態の人も多く、全国の弁護士事務所には、借金相談が多数寄せられているのです。 ただ、長年クレジットカードの返済を続けている人の中には、過払い金が発生している人も多いのです。 過払い金は貸金業者に払いすぎてしまったお金なので、返還請求をすればお金が戻ってきます。

過払いがあれば司法書士へ相談可能

長期にわたる借金の返済に悩んでいる方にとって、返済への悩みとは別に気にしておきたい事の一つが過払いの有無です。借入先となる金融業者など似たし、利息として払いすぎていたお金が手元に戻ることがあり、請求の手続きを行うことによって、借金額を減らせたり、借金を返済したりすることが可能となります。

大阪や東京などの都市部を中心に、司法書士や弁護士などの国家資格を持つ専門家が在籍する事務所機関は、全国に数多く存在しています。過払いがある事が判明した場合には、速やかに対処することで、抱えている借金問題の解決策へ繋がるでしょう。

過払い・債務整理に関する記事